Adobe Flash Player を取得
<フェスタ実行委員長 御礼>

 この度、5月16日土曜日に、「介助犬フェスタ2015」を無事に開催することができました。
 ご後援、ご協賛、ご協力頂きました企業、団体の皆様、ボランティアとしてご参加くださいました協会ボランティア、企業、大学および専門学校生の皆様、本当にありがとうございました。

 介助犬フェスタ始まって以来、初の降雨の中でのスタートとなりましたが、幸い降っていた小雨も開会セレモニーに合わせ弱まっていき、お昼前には太陽が顔をのぞかせてくれました。暑くなりすぎず、犬たちにとっても快適な気候の1日となったと思います。お天気が回復するにつれ会場内も賑わいを増し、1日で約5,300名のお客様にご来場頂くことができました。また、愛・地球博記念公園の皆様には、準備から当日まで終始温かく開催を見守って頂き、誠にありがとうございました。

 第5回目となる介助犬フェスタは例年に増し、会場全体がアットホームな空気感に包まれていたように感じます。皆様の笑顔にたくさん触れることが出来、主催者一同大変嬉しく感じております。「介助犬は幸せな犬であることを知ってほしい」という想いがご来場いただいた皆様、会場にお越しいただくことが難しくとも開催に向け応援下さった皆様に届いていましたらとても嬉しいです。

 1頭1頭の犬達と真剣に向きあい、介助犬を必要とされている方と犬たちをつなぐ役目を全うすべく、職員一同介助犬の育成・普及に励んでおりますが、本当に多くの方に支えられている事業だと介助犬フェスタを経験する度に心の底から実感します。介助犬フェスタを開催させて頂く度に、様々な形で日々支えて下さる皆様の存在の大きさを改めて感じ、感謝の気持ちでいっぱいになります。介助犬育成普及事業というお仕事を続ける力を私共に与えて下さり、本当にありがとうございます。
 今後も職員一同、当会のモットーの通り「人にも動物にもやさしく楽しい社会を目指して」努めてまいります。

 また来年同じ会場、愛地球博記念公園の地球市民交流センターにて、介助犬フェスタ2016でお目にかかれますことを楽しみにしております。ありがとうございました。

介助犬フェスタ2015実行委員長 古屋道子