5月18日土曜日に、「介助犬フェスタ2013」を無事に開催することが出来ました。御協賛頂きました企業、団体のみなさま、ボランティアとしてご参加下さいました協会ボランティアさんほか、大学および専門学校生のみなさま、ご協力誠にありがとうございました。お陰さまで、今年も好天に恵まれ、無事に介助犬フェスタに5200名を超える参加者にご来場頂くことが出来ました。どこを見ても人と犬たちの楽しそうな笑顔が溢れており、出会い再会があり、素晴らしい一日を過ごすことが出来ました。

 「川本昌代さんと坂本悟さん追悼展」にもたくさんの方が来て下さり、涙し、感動を感じて下さいました。「みんなの介助犬」で、子供達の力と発想力に改めて感動しました。体育館での「写真で見る日本介助犬協会の犬たち展」も、たくさんの方に介助犬が出来るまでを写真で知って頂くことが出来ました。「訓練犬ゲーム(犬とのゲーム)♪」は、終始笑いが絶えず、みなさんに楽しんでご参加頂きました。「車椅子バスケットボール体験」は、オリンピックパラリンピック招致活動のご協力と,元パラリンピック選手・根木さんのご協力のお陰で、例年以上に大きく盛り上がり、予約はすぐに埋まってしまいました。将来のパラリンピック選手!を約束してくれる少年にも出会うことが出来ました! 毎年長蛇の列の「愛犬にがおえ」は、列が途切れることなく、似顔絵師さん、芸大の学生さんに大活躍して頂きました。介助犬チャリティグッズも、Tシャツはほどなく完売、認定記念グッズのポロシャツもあっという間になくなってしまいました。優良家庭犬普及協会による 「愛犬相談コーナー」「模擬しつけ教室」、そして、今年初めての「一発芸大会」も大にぎわい、「わんわんパトロール隊」も大活躍して下さっていました。毎年大盛況の「愛知県競輪選手会ブース」は今年も元気!な声が飛び交っていました。

 そして、協会としてのメインイベントである2012年度の新たな介助犬認定ペア5組の「感謝のつどい~認定報告会~」では、会員のみなさま、支援者のみなさまに5組の感動的な出会いから認定までの軌跡を動画やお話を通じて知って頂くことが出来ました。多くの出席者から、感動した!というお声を頂き、準備をして来た認定報告会委員は 努力が報われた想いです。

 愛地球博記念公園のみなさまには、準備から当日まで終始たいへん温かく開催を見守って頂き、誠にありがとうございました。
 また来年同じ会場、愛地球博記念公園の地球市民交流センターにて、介助犬フェスタ2014でお目にかかれますことを楽しみにしております。ありがとうございました。
実行委員長 高柳友子